お祝いの席の花

ギャラリーに並べている花を、少しずつ紹介します。今回は昨年11月に、お嬢様の成人祝いのお食事会でご利用いただいたお客様のための床の間から。
普段は控えめなくらいの花が好きですが、お祝いなので華やかに。実り多いこれからを祈って、小さい実の枝は老爺柿、難を転ずることからナンテン、それに菊。老爺柿はこのままドライになっていき、漆を塗ったような艶が出てくるので、半年以上たった今も、店内のコーナーに飾っています。
花入れは20センチくらいの桶型の陶器の上に、半掛で大きな籠を伏せるようにのせています。大きな枝、実がついている枝など、剣山だけでは心許ない時も、籠が枝を支えてくれるので、大きくいけることができています。
と、ここまで書いてから、この時期の花にすればよかったと後悔。また次回に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。