7月最初、花が長持ちするように

蒸し暑い時は、花がもちにくい。普段のようにお客様のご予約が多い時期ならまだしも、この状況で、お花代ばかりかかるのは大変。ということで、花もちがいいもの、暑さに強いもの、の中から選んでいけました。それから先週から元気な花との相性も。
そういう観点から、最近紫陽花が多くて飽きたので、紫陽花を外し、選んだのはユリと紅花。紅花も今回のは華奢で使いやすかったのですが、とにかく葉っぱが刺刺しているので、痛い! 葉を整理するのが苦痛で敬遠しがちですが、存在感があって夏には便利。それから枝はレンギョウ。あまり得意な花材ではありませんが、いい枝振りだったし、本店玄関の投げ入れの器にスッと立ち上がる花を最近いけていないので、たまにはいいかと。レンギョウ、紅花、先週剪定をした紅葉の残り、百合は咲いているのは先週買ったもの。蕾は今週買い足したもの。この写真で咲いている百合は2日ぐらいで萎れるので、その頃に咲きそうなものを足しています。どの花が咲くか、によって、店では日々調整します。
ちなみに百合は一本に五輪花がついていたので、上の二輪は切って別の小さな花入れに。全部つけたまま使うのもありですが、上の方の花は、小さく咲くのが遅いけれど、蕾の時の姿が優しくて小さな花入れに使いやすく、ちょっとしたコーナーや洗面などにもよく使います。首の長い百合を買うと、使い回しがしやすいのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。