葉が主役

 16日は猛暑の中での教室。初心者向けの型を学ぶレッスンでは、ユキヤナギを主軸にしました。ユキヤナギはゆるい曲線が美しいですが、見た目のしなやかさと違って、自分で思うように曲げることはできません。そのもののもつ流れを生かして、葉や枝の整理の仕方、枝を有効に使うべく、二つに分ける方法など考えながら楽しんでもらいました。終了後、このユキヤナギとワックスフラワー、プロテアの一種を。

 さて、教室の日には今後の参考になるよう、いくつかいけておくのですが、今回はこの時期、青々と元気な葉ものを。とても綺麗な色のアンセリウムがあったので、タニワタリとアレカヤシで。これは床の間に合わないので、教室後はバラして、アンセリウムは火鉢のそばにある、毛氈のかかった縁台の脇に。鮮やかな赤い筋の入ったガラスですが毛氈も赤いので、馴染んでいます。場所と器の関係は、とても重要。

 今週末は、店で「怪談 〜愛は流転し 闇へと続く」というイベント。山村若静紀さんによる「古道成寺」の狂い舞と、神田山緑さんの講談の二本立てで、毎年人気の企画です。この回は照明が暗いので、シルエットでカッコよく。ただ、今年は窓を開けるので暗幕垂らさず。さて、どんな花になるやら。お席はまだ空いていますので、よろしければぜひ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。