あまったひと枝で

 椿は大きめの枝で購入して、店のいろんな場所にいけていきます。全体を見て、どこをどの場所にどんなふうに使うか、考えながら仕分け。どういう線を作っていくか、椿は剪定が楽しい花材です。

 今回芳町亭の床の間にいけたこちらは、一輪挿しにひと枝だけ、と思って整理しましたが、石化柳の短い枝をもらったので、組み合わせてガラスに。今回は茶色になった石化柳だったので、枯れものとして水に入れていません。椿は咲いている一輪が散った頃に、枝の先の方の蕾が開くことを期待して。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。