同じ組合せのまま、形を変えて

 週初めにいけたピンクのグロリオサは、咲ききったものをいただいたもので、一週間もたず、いけかえました。

 ボケと水仙、グロリオサと青文字という組合せはそのまま、広い床の間と狭い床の間の場所を変えて。

 ボケと水仙を広い床の間に。初田徹さんの竹花籠。ボケは角ばった枝ぶりを活かすために、形を作っています。枝の根本部分ではなく、先端部分を切っていけてもボケはしおれないので、その特性も生かして。水仙も、葉を遊ばせすぎず、真っ直ぐに立ち上るように。

 グロリオサは綺麗な一輪だけ、円の水盤に青文字を張ったところに添えてみました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。