冬から春へ

 料理でも季節の変わり目は面白いものです。例えば夏のハモと秋の松茸を合わせた料理など、9月ごろにメニューに加えると、いいものです。今回は冬っぽい椿に、早い春を告げる小手鞠。先週末はいけばな教室がない週だったので、花ものを少なくして、枝で遊びました。

 小手鞠は前にも書きましたが、しなやかに動きのある枝が美しいですが、自分の思い通りに枝を曲げ直すことはできません。なので、いくつか買った中から、いけるものにあう枝ぶりのものを選んで、そこから葉を整理したり、枝を切ったりします。

 特に今回はまだ蕾で、花があまり多くない椿だったので、あまり派手に咲いている小手毬だと椿が負けてしまうので、華奢なものを選んでさっぱりと。白という色はとても強いのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。