店先の椿の枝

週半ば、店前の椿の枝を切っていけました。花屋さんで買い求めるものと違い、枝が選べるようで、選べないのが植木です。できれば通りから見える花は残して、影に隠れるところとか、切っても枝ぶりを損なわない部分から選ぶことを優先します。切った後にその木が残念な姿にならないように。しかも、これから咲きそうなもの。そういう枝を切りながら、この枝だったら、どの花器でどういけられるか、組んでいきます。

 今回の枝も大きく下に下がった花。しかも、花をいい向きにしようとすると、葉が全部裏になる一癖ある枝。椿の葉は、ある程度向きを変えられますが、真裏にはなかなか。そこで、枝垂れさせていい具合に見せようと、背の高い花器を選びました。

 さてもう一つ。春らしいピンクの、マイピンクという名のかすみ草が可愛かったので、ナデシコや白いアリアムと一緒に、ひたすら甘い雰囲気で。草野啓利さんのガラス水指に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。