3月1回目の教室 水辺の桜と柳

3月1回目のいけばな教室。今回、枝は柳葉アカシア。桜もあったのですが、前にも使ったので、違うものに触れて、いろんな花の特徴を感じてもらうようにしています。

 同じ花材を使って、店の花を。ちょうど掛け軸が平福百穂の桜なので、掛け軸の桜と、いけた桜が呼応するようにいれ、水辺の桜に柳のイメージで枝垂させました。桜が咲いてくると華やかになるはずです。

柳葉アカシアは、もっと葉がモサモサとついていますが、部分的に葉を取って、少し軽くしています。こういうモサモサふさふさした枝は、ニュアンスをつけるために、あとは流れを作るために、整理しますが、先日のコデマリ同様、その加減がポイントです。葉の色が暗いので、つきすぎだと重くなりがち。

 今年は花見もなかなか難しそうなので、部屋に。

 次回の教室は3月21日です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。