名残の椿

昼間の期間限定カフェ営業が終了し、芳町亭の花は隔週に。先週の花の中から。

 1日だけ、広めの部屋を使う日があり、その日のための床の間。暖かくなると花も持たないので、植木の椿から。椿ももう花が終わるので、蕾もほぼなく、残りわずかな咲きかけを。最終的には浮き花にするか、と思いながら切ってきたのですが、椿も疲れたのか、葉の色が褪せてしまって、でも、その褪せ具合がなんとも情緒があり、終わりの時期の枯れた風情をいかして、最後は竹工芸家・初田徹さんの竹花籠に委ねました。

 軸は、禅語。永遠の命を欲するとはなんぞや、という問いに対するお答えだそう。名残の椿にぴったりな。

今週末は今月2回目のいけばな教室です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。