ツツジとミツマタ

3月2回目の芳町亭いけばな教室は、大雨の中。教室ではツツジかキイチゴ、花はそれぞれに。

 今回は参加者が少なかったので、私自身もじっくりと枝を作っていけました。掛け軸も桜だし、桜も見飽きているかも、と思いながら、ミヤビサクラのほんのり濃いピンクの可憐な花に負けて一枝買ってしまい、ミツマタとキイチゴとあわせました。ミツマタは花がベルのように俯いて咲くので、中の美しさを見せるためには、高い棚の上に飾るか、横に倒していけるか、になります。枝が柔らかいので、しっかりためて、弓形に反らせ、花が見えるように横に倒して使いました。他の枝は全て、そのミツマタに合うように。

 レッスンでも使ったツツジは、ツツジならではの細く放射線状に伸びる枝を、どう活かすか。今回は緩やかに曲がった細い線に、ルビナス。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。