玄関の甕。春

 夜の営業のみの芳町亭の店先の甕は、普段は灯籠の灯のみのほの暗さ。なので明るい色の花を入れるようにしています。そして、この時期は部屋の中より気温が安定しているので、花も長持ちします。なので先週の花材でも、大丈夫。先週の花材だけどまだなんとか使えそうなもの。部屋の花の残り。など色々混ぜることも多い場所です。

今回はコデマリ、キイチゴ、カンパネラ、アリストロメリア、エキシャ。コデマリは先週のもので、こうして古くなると、ぱらぱらと小さな花弁がたくさん散るので、なるべく外にいけたい花です。

ここにはなるべくにぎやかな花をいけます。というのも、部屋にいけた花がダメになった時のスペアにも使えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。