広げる前に絞る

店の花の一つ。ドウダンツツジは蔓がついた鉢に、紫陽花とともに。枝の広がりは生かしつつ、大きな流れを決めて切っています。広がりを見せる時には、広げること以上に、締める部分が大切な気がします。というわけで、左側の紫陽花とドウダンツツジは、縦に配して。

蕾がついたドウダンツツジは、葉が萎れやすいので、まめに霧を吹いています。

先週いけていたトクサは、折った部分から切って、下の方に出始めた根を増やすつもりでテーブルに。とてもよくもっているヤマボウシと。

5月2回目の教室も無事終了。今回はドウダンツツジかユキヤナギか、スグリから枝を選んで、それぞれ好きな花を。

ドウダンツツジは広がる枝の、どのラインを使うかの見極めに個性が出るところ。ユキヤナギは、今回は細かく出た枝が柔らかくて綺麗だったので、それを生かしつつ、葉と枝の削ぎ方が悩みどころ。実がついたスグリは、実を見せつつ葉を整理。それぞれ自分がいける形によって、迷いながら楽しんでもらいました。

6月は第一週、第三週の日曜に教室です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。