余った花材をテーブルに

先日投稿したジューンベリーの残りに枝でテーブル花。テーブル中央に置く花は、両サイドから見られるようにいけ、なおかつ、座ったり立ったりの動作中も目に入るので、上から見てもいいようにします。

ジューンベリーのように実の量が多く、重みもある場合、枝先に実があると、花器から抜けて落ちてしまいます。特に口が広い場合は止まりにくいのです。なので実は口元だけにして、葉で遊びを入れました。また、上から見た時を考え、紅葉を少し。ジューンベリーの枝の押さえの役目もしています。

別のテーブルにも。ここはテーブルの端なので、ほんの少し。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。