初夏の落語会にて

週末は店で落語会でした。会場の床の間には、時期的にも、出演してくださる三遊亭金朝さんにもピッタリかと思い、大きな掛け軸を。この掛け軸が強いので、花はすっきりさせようと思っていたのですが、ちょうど、店先の山吹の枝を梳いてあげなくてはいけなかったので、そのなかからいい枝を使いました。

 きれいに枝垂れる感じの枝に合わせて背の高い花入れ。あまり主張しすぎないよう、小ぶりで、色が緑がかったアジサイをあわせました。大きな枝の中に10個以上の花がついたアジサイの中から、あえて小ぶりなもの、色の淡いものを選び、茎が華奢なものを切り出したのですが、それはこの花入れの口が小さいことと、客席のどの位置からも見られるために、その小さい口に何本か入れなければならないからです。一輪だけ、鮮やかなものを、少し陰にいれるようにして、濃淡をつけています。

いよいよ6月。6日と20日の日曜が教室の日です。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。