竹花篭に混ぜさし

今週は可憐な花材がいくつかあったので、混ぜさしに。

珍しいのは、花が散った後の京鹿子とギボシの花。京鹿子は好きですが、なんせもたない。水揚げがうまくいっても、すぐにだめになってしまいます。が、今回は、花が終わった後だから長持ちするとのこと。華やかな時期が終わってもキレイなんて、それだけで希望が湧くというものです。うつろう美しさをいける時に思い浮かぶのが、この竹花篭。初田徹さんの作品です。

 あわせたのは、白い花のギボシ。先週のアジサイに、姫ライデン。最近、アジサイやシャクヤクなど、大振りのものが多かったので、柔らかな線にほっとします。

今週末の日曜日は、6月2回目の教室です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。