梅雨、花の季節の変わり目 

 今日は7月のいけばな教室1回目。枝は、この写真のライデン、ウスノキ、レンギョウから、花は姫ヒマワリ、デルフィニウム、紅花、ブルーボールから選んでもらいました。

 暑くなってくると、長持ちする花が限られるので、店の花選びは難しくなります。アジサイやシャクヤクがなくなってくる頃で、大きめの床の間は、ユリやクルクマの出番が多くなります。が、今回は山野草のような、小ぶりで控えめな花が売っていたので、こまごましたもので、緑を豊かに使いました。花が小さいタイプのリンドウと、トラノオ。ライデンは実をつけ始めていて、こういう手を入れ過ぎない自然な感じは籠によく似あいます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。