伝統芸能ウィーク 尺八を花器に

今週も店では「伝統芸のウィーク」開催中で、月曜日は尺八奏者の工藤煉山さんの御出演でした。工藤さんからは、以前、花器用に尺八を一本いただいており、せっかくなので、今日お披露目しました。

尺八は、もちろん、筒状なので、厚い板に棒をとりつけて立たせています。そして試験管ぐらいのガラスを落としにするために、紙の詰め物をしています。

 演奏会場の背景になる床の間なので、少し大きめにいけたいのですが、試験管の細さにだと、いけられる本数はすごく少なく、水はすぐなくなります。茎が細めで、暑さに強く、水揚げが得意。そしてある程度の存在感。夏以外ならいろいろ花材もあるのですが、そこが一番の問題でした。いつもお世話になる花屋さんと、事前に打ち合わせ、今回はサンキライをメインに。花はユリ。ユリも一本についてい下のほうの花だと茎が太いので、あえて先週購入したユリの一番上の小さな花が咲くのを待って、短く。サンキライ2本、ユリの細い部分1本が、ぎちぎちに入っていて、数時間おきに水を注いで、夜には別の、たっぷり水が入るものに移動させて管理しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。