10月1回目の教室 秋色の花材

今回は紫色の葉が美しい紅スモモと、オレンジ色のかぼちゃのような花ナスのどちらかを使ってもらいました。

紅スモモは色が深いので、そこに明るい色の花を合わせると引き立ちます。暗い色の花で渋く見せるのも良いですが、特に夜に見る床の間だと、明るい緑を合わせたくなります。

今回店の花は、店先のナンテンを広く見せて、紅スモモを重ねました。花はスプレー菊とジニア、セルリナ。小さくまとめて、ナンテンの広がりと対比をさせています。

紅スモモは本店にも。玄関と外の甕に。甕にはコスモスを引き立てるために、影のように入れています。玄関には、色づいたヒペリカムと、芳町亭の床の間と同じ、スプレー菊とセルリアを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。