つぼみのツバキを添える

新たな花材を週の初めに買うと、先週までの花材とあわせていけていきます。今回は買い足したツバキを大きくいけた後に、余った部分の利用を見ていただきます。

 バラの実とグロリオサの赤い空間に、つぼみを付けたツバキを一枝。グロリオサが元気がなくなったころ、ツバキが咲くと見越して。

 新芽を出し始めたウンリュウヤナギ、色づいたヒペリカムの葉に、こちらもつぼみのツバキを。

 ツバキは豪華な花材。大きく使う場合は合わせるものを選びますが、こうして整理して余る枝が出てくるので、そこもうまく利用できる便利さも持ち合わせています。

 明日から11月。教室は7日と14日です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。