年に一度の老爺柿

今年も老爺柿が出始め、さっそく1店舗に一枝ずつ購入しました。老爺柿はオレンジ色の実の時ももちろん素敵ですが、ドライにすると、実が飴色に変わって、漆を塗ったように茶色く艶やかになるので、それも楽しみです。しかも、これがあると、いつ使うか分からない部屋に、オブジェとして置いておけるので、とても助かります。なので、毎年一本は買いたい花材。

というわけで、長く楽しみたいので、なるべく切らずに、このままでバランスをとります。合わせたのは母の知り合いが育てていらっしゃる菊。乱菊と糸菊だと思いますが。丈が短かったので、コンパクトに。花入は、重みのある老爺柿をそのままいけるために、選択肢が限られました。あとは店先のナンテン、紅葉したヒペリカムの葉。

今週はありがたいことにふんだんに菊があり、他も菊を多くいけました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。