二種類の椿で

小さめの部屋には侘助という名の椿です。咲いてもあまり広がらず、百合咲きと言われるタイプで、茶花などにも好まれますが、店先の植木のものなどは、枝垂れているので、なかなかいけにくいのです。

今回は花屋さんで求めたもの。まだ咲いていないけれど、しなやかないい枝が。ただし、思い通りの向きにならず、定まらなかったので、丸めて絡めています。そして花器の口の部分には、間もなく咲きそうな、違う品種の椿を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。