特別教室 正月花レッスン2

引き続き最終日曜に行ったいけばな教室特別レッスンの正月花。 今回は根引松。根引松は少しためたりして、角度を調整しながら。なるべく松の先が下を向かないように気をつけたいものです。合わせたのは葉牡丹、千両、梅、金柳。梅は正月続きを読む “特別教室 正月花レッスン2”

いけばな教室 正月花レッスン1

今日は特別教室で、正月花をいけました。大王松、根引松、若松の三種類から、それぞれ参加してくださる皆さんのご自宅の花器に合わせて、また、昨年も来てくださった方は昨年と違うものから選んでいけてもらいました。 それぞれの松の特続きを読む “いけばな教室 正月花レッスン1”

蝋梅の香りに癒される

 先週末の教室では、皆さんにロウバイをいけていただきました。ロウバイは枝が硬くタメも利かないし、枝もボキボキと付いているので、なかなか厄介です。おまけにこの黄色い花が香りが抜群に良く、もったいなくて切りにくいのです。  続きを読む “蝋梅の香りに癒される”

足元を見せる花

先週末は12月2回目のいけばな教室でした。 昨年夏から始めた教室なので、初心者の方が多く、まずは基本の型からのレッスンでしたが、まもなく型を終えて、色々なテーマでいけるようになる方たちがいらっしゃるので、その参考になれば続きを読む “足元を見せる花”

ボケとフリージアを

今度の日曜は12月のいけばな教室二回目。そして次の日曜、26日は正月花の特別レッスンです。一年、早いものです。 小さめの床の間には、先週から元気なボケ。花が少なくなったので、こじんまりと。縦のラインに合わせて、フリージア続きを読む “ボケとフリージアを”

花を変えて使いまわす

12月第一週に店でおこなったイベント用にいけた花をつかいまわし。もともと苔付きのつつじは長持ちするだろうと想定して購入したものです。葉はどんどん落ちていきますが、枝ぶりの良さとミントグリーンの苔が魅力の花材。ここに花を変続きを読む “花を変えて使いまわす”

まとめる

普段、床の間にはあまり使いませんが、紫色の小振りなアンスリウムの美しさに、思わず手に取ってみました。 すっきりとしたディアネラの葉、アオモジ、写真では見にくいですが、藤色の蔓スイートピー、それぞれの特性を生かすのに、少し続きを読む “まとめる”

イベントの花2 枝ぶりのおおらかさ

先週末に行った「講談 赤穂義士を聴く」の時のお食事席の花の一つです。 いい枝ぶりのボケがあったので、ゆったりと。ボケは皮一枚繋がっていると元気に水を吸い上げる強い花なので、直線的な太い枝は、あえて折り目を入れて角を作るこ続きを読む “イベントの花2 枝ぶりのおおらかさ”

イベントの花 「講談 赤穂義士伝を聴く」に合わせて潔く

今回は4日店で開催したイベントの花です。「講談 赤穂義士を聴く!」で、宝井琴調さんと、神田山緑さんというお二人の男性講談師にご出演いただいたので、少し硬い感じの花にしました。 苔付きのツツジは枝振りが良かったので、ほぼそ続きを読む “イベントの花 「講談 赤穂義士伝を聴く」に合わせて潔く”

秋から冬へ

 店内は、今週末のイベント前のつなぎのような感じ。  前回同様、譲っていただいた花器が素敵だったので、店先の南天と椿を。 もう数週間前に買った、紅葉したヒペリカムがまだもっていて、玄関の下駄箱の上は、バラの実の切れ端やら続きを読む “秋から冬へ”