初夏の落語会にて

週末は店で落語会でした。会場の床の間には、時期的にも、出演してくださる三遊亭金朝さんにもピッタリかと思い、大きな掛け軸を。この掛け軸が強いので、花はすっきりさせようと思っていたのですが、ちょうど、店先の山吹の枝を梳いてあ続きを読む “初夏の落語会にて”

相手を選ぶ

前々回の投稿で、ジューンベリーには相性が悪かった藤色のスイートピーはここに。パニセツムのパープルファウンテングラスという、もはや呪文にしか思えない名前の、渋い色の長い猫じゃらしとともに。 この長い猫じゃらし(この方がしっ続きを読む “相手を選ぶ”

余った花材をテーブルに

先日投稿したジューンベリーの残りに枝でテーブル花。テーブル中央に置く花は、両サイドから見られるようにいけ、なおかつ、座ったり立ったりの動作中も目に入るので、上から見てもいいようにします。 ジューンベリーのように実の量が多続きを読む “余った花材をテーブルに”

可愛らしさに翻弄される

今週は、花屋さんに入って、目が釘付けになったジューンベリー。緑から赤く色づいた実の色に惹かれました。 こういう実がついていると、切るのがかわいそうになって、なかなかうまく整理できずに植木のようになってしまうこともあります続きを読む “可愛らしさに翻弄される”

ボサボサか、フワフワか

先週末の教室でも使ったユキヤナギに、カワラナデシコ、その前から元気なリョウブを。 ユキヤナギは、春先の花の時期、秋に葉が色づく頃などによく出てきますが、今回は新緑。細かい枝がボウボウとたくさん出ていて、ボサボサになるので続きを読む “ボサボサか、フワフワか”

広げる前に絞る

店の花の一つ。ドウダンツツジは蔓がついた鉢に、紫陽花とともに。枝の広がりは生かしつつ、大きな流れを決めて切っています。広がりを見せる時には、広げること以上に、締める部分が大切な気がします。というわけで、左側の紫陽花とドウ続きを読む “広げる前に絞る”

花の名残り

今週から店で和カフェ営業が再開しました。テーブル花をいくつか置いているので、その中から。 グループ展にも参加してくださった草野啓利さんの吹きガラスの花器に、花びらが散った後のテッセン。 テッセンは種類も様々。これはどちら続きを読む “花の名残り”

夏も近づく

この時期、毎朝の店の掃除は、坪庭に生まれるナメクジ捕獲から始まります。お気に入りの石がある、というか、すべすべと滑りやすい石に集中しているので、わずか2㎜ほどの赤ちゃんサイズでも目立ちます。月曜は連休明けで26匹! その続きを読む “夏も近づく”

5月のいけばな教室1 

グループ展も終わり、週末はすぐにいけばな教室でした。今回はリョウブとヤマボウシのどちらか、そしてそれぞれ花を選んでもらって。リョウブはとてもいけやすく、整理して取り除いた小さな枝も一輪挿しに入れて可愛らしく使える便利な花続きを読む “5月のいけばな教室1 ”

存在感のある大きな壺に

グループ展も終了。少しずつ、期間中の花を紹介します。まずは一番広い床の間の花。 ユアン・クレイグさんの大ぶりの壺に、イタヤカエデ、リョウブ、クレマチス。ちょうどグループ展前に店先の植木の伸びすぎた部分を剪定したので、とい続きを読む “存在感のある大きな壺に”