イワツツジ

今週は本店の花を少し。イワツツジを花屋さんでお勧めされたので使ってみました。枝ぶりも良くて、葉も素直。 ひとつは火鉢のあるコーナーにスグリと。スグリは元気すぎるくらいで、枝の中程に実が集中し、先の方は葉が密集していたので続きを読む “イワツツジ”

変化を想像するのも楽しみ

この二つ前の投稿で、ナナカマド、ガマ、鉄砲ユリをアップしましたが、やはりナナカマドの花はもたなかったので、週半ばで黒ずんだ花だけ切り取りました。葉は、日に二度霧を吹いて、なんとかなっています。前の投稿でも、隠れたユリが肝続きを読む “変化を想像するのも楽しみ”

季節の半夏生を竹花入れに

 先週、よし梅芳町亭の「日本文化に親しむ会」にもたびたびご出演いただいている、尺八奏者の工藤煉山さんから竹花入れをいただきました。工藤さんは竹を取ってくるところから、ご自身で尺八をつくっておられ、花入れも一緒に作ってくだ続きを読む “季節の半夏生を竹花入れに”

もたないと知りながら

 昨日の教室では、ライデン、ナナカマド、姫ミズキの3種から枝を選んで、銘々違う花セットを組み合わせていけてもらいました。 その中から店の花。ライデンとナナカマドは夏の終わりにいち早く照り葉、紅葉したものが出回ります。が、続きを読む “もたないと知りながら”

先週の花材でテーブルに

窓辺には、先週のサンキライを。長くて太め、実がぎっしりのサンキライは、絡めたり、整理したり、が必要です。絡めて使う場合も、どんな方向にも自在に、というわけではなく、まとまりやすいほうにすると、大抵は葉がみんな内側に向いて続きを読む “先週の花材でテーブルに”

竹花篭に混ぜさし

今週は可憐な花材がいくつかあったので、混ぜさしに。 珍しいのは、花が散った後の京鹿子とギボシの花。京鹿子は好きですが、なんせもたない。水揚げがうまくいっても、すぐにだめになってしまいます。が、今回は、花が終わった後だから続きを読む “竹花篭に混ぜさし”

ホタルブクロと籠

ホタルブクロは、みると買いたくなる花材です。揺れる感じ、次々に咲いていくのを楽しみに待つのもいい。この良さをいかすために、花器はホタルブクロの高さを出せるもので、一緒にいけるものも軽い花材になるので、花器自体も華奢なもの続きを読む “ホタルブクロと籠”

青々と

前回の投稿に続き、今週の華やか花材。アジサイは、たくさんの花をつけた大きめの枝から二輪選んで切り出しました。大元は、玄関の甕、たっぷりの水に。 購入したアジサイの中で、この写真手前の花の色が一番魅力を感じました。濃い青と続きを読む “青々と”

シンプルな構成を面白く

先週末の教室では、いい枝物が多く、ブルーベリー、姫水木、夏ハゼ、シャラ、梅花ウツギの中から選んでもらいました。花もいろいろ。 店にいける花は、今週は豪華な花ばかりで、少し心配。一点で豪華で大ぶりな花は、あまりごちゃごちゃ続きを読む “シンプルな構成を面白く”

使いまわしがキク花材

 昨日は6月一回目のいけばな教室でしたが、その報告は明日以降。今回は先週末の花を。  使いまわしがキク、といえば、菊。ダジャレを言うつもりはないですが、小菊は便利な花材です。長持ちもするし、合わせるものによっては、大きく続きを読む “使いまわしがキク花材”