色づき始める葉に惹かれて

先週使っていたウスノキの葉が、ほんの一部、黄色く色づき始めているのを見て、秋の花をいけたくなりました。 あわせたのはワレモコウ、藤色のリンドウ、フジバカマ、クジャクソウ。広い床の間なので、広くたっぷりと。ワレモコウは短く続きを読む “色づき始める葉に惹かれて”

ホトトギス

ホトトギスも実に姿のいい花材です。長持ちもするし、葉も青々と綺麗なので、花は小ぶりで派手さはないですが、一本でも十分、空間を作れます。 特に今回はホトトギスにしては花の色がクリアで、茎の線も美しかったので、ガラスに一本。続きを読む “ホトトギス”

秋の風情

 小さく可憐な花をいろいろと混ぜていけると、秋の風情を感じます。 本店の玄関の甕には、ソケイ、まだらな葉のドラセナ、オオニソガラムの白い花が先週から入っていましたが、少し整理して、ウスノキ、フジバカマ、キンミズヒキを加え続きを読む “秋の風情”

教室の花材をいけかえ 線の交差

お盆休み明け、先週末の教室での花をいけかえました。ピンクッションが元気がなかったので、かわりにリステリアポルモサを入れ、飾る場所も変えたので、組み替えました。

8月2回目の教室 葉で空間を作る

8月の教室では、基本の型に向く枝が少ないので、型から離れ、葉や茎を作り込んで、空間を意識する練習に切り替えました。 葉は美しい曲線を出すディアネラか、直線と角を作るフトイか。 ディアネラは優しくしごくと曲線が強く出ます。続きを読む “8月2回目の教室 葉で空間を作る”

暑さに強い花の組み合わせ

イベントの際に尺八に入れていたバラの実を使い回しました。さすがに尺八のままだと1日2、3回水を足さないといけないので、花入は変えて、華奢な線に馴染むよう、優しい雰囲気のものに。

連休前の床の間の花

先週末の「怪談」イベントの食事席の花は、先週いけていたバラの実とドラセナの葉を使っています。花はもたなかったので、新たに。 広めの部屋の床の間には、夏の大きな掛け軸を飾ったので、低い位置に。暑さに強いピンクッションを合わ続きを読む “連休前の床の間の花”

「怪談」の演目に合わせて

週末は店で、夏の恒例イベント「怪談」を行いました。換気のために窓を開けたりするので、いつものように暗幕もたらして真っ暗に、とはいきませんが、それなりに暗いので、いつもこの会の時にはシルエットを大切にしています。しかも、お続きを読む “「怪談」の演目に合わせて”