イベントの花2 枝ぶりのおおらかさ

先週末に行った「講談 赤穂義士を聴く」の時のお食事席の花の一つです。 いい枝ぶりのボケがあったので、ゆったりと。ボケは皮一枚繋がっていると元気に水を吸い上げる強い花なので、直線的な太い枝は、あえて折り目を入れて角を作るこ続きを読む “イベントの花2 枝ぶりのおおらかさ”

イベントの花 「講談 赤穂義士伝を聴く」に合わせて潔く

今回は4日店で開催したイベントの花です。「講談 赤穂義士を聴く!」で、宝井琴調さんと、神田山緑さんというお二人の男性講談師にご出演いただいたので、少し硬い感じの花にしました。 苔付きのツツジは枝振りが良かったので、ほぼそ続きを読む “イベントの花 「講談 赤穂義士伝を聴く」に合わせて潔く”

ナンテンと秋草

先週末のイベントから今週初めまでの暑さで、花がくたびれてしまったところがあるので、少しずついけかえ。少なくなった花を華やかに見せるために、店先のナンテンを切って使いました。ナンテンはよく持つので助かる花材です。 紫色のク続きを読む “ナンテンと秋草”

イベントのお食事席の花

イベント中は、建物をぐるりと見学なさる方も多いので、部屋ごとに雰囲気の違うものをいけようと心がけています。演奏会場の花は先日投稿しましたが、今回は掛け軸が華やかで、花はすっきりにしたので、お食事なさる部屋の一つ、大きな床続きを読む “イベントのお食事席の花”

和楽器の演奏会に尺八の花器

今日は店で、和楽器の演奏会でした。「糸竹の響」と題し、尺八奏者の工藤煉山さんと和楽器マルチプレイヤーの村澤丈児さんにご出演いただき、ありがたいことに無事盛会となりました。 会場となる部屋の床の間は、工藤煉山さんが竹を掘る続きを読む “和楽器の演奏会に尺八の花器”

連休前の床の間の花

先週末の「怪談」イベントの食事席の花は、先週いけていたバラの実とドラセナの葉を使っています。花はもたなかったので、新たに。 広めの部屋の床の間には、夏の大きな掛け軸を飾ったので、低い位置に。暑さに強いピンクッションを合わ続きを読む “連休前の床の間の花”

「怪談」の演目に合わせて

週末は店で、夏の恒例イベント「怪談」を行いました。換気のために窓を開けたりするので、いつものように暗幕もたらして真っ暗に、とはいきませんが、それなりに暗いので、いつもこの会の時にはシルエットを大切にしています。しかも、お続きを読む “「怪談」の演目に合わせて”

伝統芸能ウィーク最終日 ユリに助けられる

二週間にわたって開催していた「伝統芸能ウィーク」も最終日。尺八奏者の工藤煉山さんから頂いた花器用の尺八にいけたサンキライも、葉が枯れ、実もポロポロと落ちて、軽くなってしまったので、紅葉を足しました。 昨年のグループ展では続きを読む “伝統芸能ウィーク最終日 ユリに助けられる”

伝統芸能ウィーク 二週目のお座敷は青々と

花入が決まっているときは、数パターンの代替案を頭に入れながら、花材を買うようにしています。前回投稿した尺八型のものなどは、花材を選ぶので、絶対に使いたい日以外はチェンジしても仕方がない、くらいの気持ちと準備をします。 日続きを読む “伝統芸能ウィーク 二週目のお座敷は青々と”

伝統芸能ウィーク 尺八を花器に

今週も店では「伝統芸のウィーク」開催中で、月曜日は尺八奏者の工藤煉山さんの御出演でした。工藤さんからは、以前、花器用に尺八を一本いただいており、せっかくなので、今日お披露目しました。 尺八は、もちろん、筒状なので、厚い板続きを読む “伝統芸能ウィーク 尺八を花器に”